Posts

「チッソ水俣病関西訴訟 最高裁判決15周年のつどい」に行ってきた

  • POST
11月17日に、石牟礼道子原作『天の魚』原作の独り芝居を企画していると話した。体力気力に限りがあるので、自分の友人知人の範囲で細々と宣伝する日々である。しかし、1団体だけ、たとえ初対面であっても「大阪で水俣病事件を考えるイベントをやります!」と勇気を出して伝えたい人たちがいた。「チッソ水俣病関西訴訟」の原告さん達や、支援者の皆さんだ。 生活の糧である海(そしてその海を通じた仕事)を奪われ、やむなく故郷を離れた不知火海周辺出身者はたくさんいる。1982年、関西在住の患者たちは集まって声をあげ、国・県・チッソを相手に「チッソ水俣病関西訴訟」を起こした。この訴訟は長い闘いを経て、原告が勝利して終わった。2004年に最高裁が国・県の責任を認定したのである。その間、何度か「和解による水俣病事件の幕引き」がなされてきたが、関西訴訟の原告と支援者は、根本的な解決を目指し、途中で訴えを取り下げることなく粘り強く闘った。患者や家族だけでなく、医師たちも裁判の証人として立ち、国側の“水俣病専門家”たちと論争し、「感覚障害だけでも水俣病」ということをついに最高裁判所に認めさせたのだった。その勝利のおかげで6万人もの潜在患者の存在が明らかになり、私達家族も、最後と言われる2009年の水俣病特別措置法での“救済”の対象として手を挙げ、両親の医療費だけでも手当てされることになった。 しかし、関西訴訟の勝利は本当の意味でその後に活かされた訳ではない。裁判が明らかにした「水俣病認定制度の誤り」自体は正されないまま、またもや和解のいう形の幕引きが優先されて、正論・・・水俣病の病像を正しく捉え、行政と加害企業がともに、患者にきちんとした補償や謝罪をすること・・・にこだわる人々は再び少数者の立場に追いやられている。悔しさを抱えつつ日々を暮らす関西訴訟の原告さんお二人の話をじっくり聞かせてもらって感じたのは、「水俣病患者」「水俣病被害者」と言っても、その人生は様々で、ひとつとして同じ物語はないということだ。自分が何等かの物語を持っていて、そして一人ふたりのお話しを聞いただけで「水俣病の事をよく知っている」とは言えないのだということを実感して、身のひきしまる思いをした。 SNSでの告知を見て突然電話してきて、『天の魚』のチラシを会場に置かせてくださいと頼んだ私を、主催者の皆さんは温かく迎えてくれた。打ち上げの食事会にも誘ってくれ、私の話を熱心に聞いてくださった。皆さんのお話や活動のことを色々と聞かせてもらい、それぞれの物語や症状は多様でも、「この原告さんたちの声を埋もれさせてはいけない」という思いは、みんなが持っているものなのだと確信が持てて、私はまた勇気をもらった思いがした。緊張しっぱなしの一日だったが、勇気を出して行って来てよかったと思う。当日が楽しい一日になるように、体調を整えてがんばります。 おしたようこ「布団星人がゆく36」『風通信 2019年11月号』より転載。

演劇「天の魚」(てんのいを)大阪公演

  • POST
石牟礼道子の『苦海浄土』という小説をご存じの方は多いと思う。この作品のなかには様々な水俣病患者、家族が出てくるが、その中に、胎児性水俣病の少年と、彼を大切に育てているおじいさんが出てくる話がある。第四章『天の魚(てんのいお)』だ。 この天の魚は、かつて砂田明という俳優に独り芝居の形で演じられ、全国で上演されて大変な反響を得た。彼が亡くなった後しばらく上演は途絶えていたが、その遺志を受け継いだ俳優や支援者達が、2007年ごろからこの作品を復活させ、全国あちこちで上演し続けている。私は、その上演活動の輪に加わって、仲間とこの演劇を30年(くらい、たぶん)ぶりに大阪で上演しようと奮闘中だ。今年の春、数人で手分けして会場を探していたころ、11月17日(日)に、ドーンセンターにキャンセルが出たのを偶然見つけた。これは何かの縁に違いないと、すぐに会場に申し込みをして、今は資金集めやら何やらに追われている。 幼いころ、両親は私達を連れて、毎年故郷に帰省していた。親しくしている大叔母の家に行くと、そこには色が白くてか細いお兄ちゃんがいつもふとんの上にいて私達を迎えてくれた。お兄ちゃんはしゃべることができないらしい。だけど、周りの空気はやさしくて、とても居心地がよかった。 私が自分のことを「布団星人」と呼ぶようになったのはお兄ちゃんの影響だと思う。布団の星に住んでいる人は優しい人だ。その私の勝手な思い込みは、お兄ちゃんが周りに発していたあのやさしい空気からきているに違いないと私は今も思っている。 ここまで読んだらお気づきの方も多いと思う。そう、そのお兄ちゃんと、天の魚の主役である杢太郎少年、そして私は同じ病気だということ。 病名は、胎児性水俣病。 私の思い出にもあるように、かつての不知火海周辺には、たくさんの“杢太郎少年”がいて、彼らを大事に育てる家族がいた。しかし、水俣病とその周辺で起こったたくさんの苦難について、彼らが何かを語る事はほとんどない。この声を埋もれさせてはいけない。私が何とかしてそれを語らねば、お兄ちゃんと共に。そういう気持ちでいる。 さらに、水俣から遠く離れている関西の地には、水俣をはじめ、不知火海周辺の出身者がたくさん暮らしている。私の両親や私と同じように、多少の健康不安と付き合いながら。そして、今も何となく「不知火海周辺の生まれです」と堂々と言えない複雑な思いを抱えながら。 そういう人たちの声に皆で耳を傾け、共に考えたいと思う。豊かさとは何か、平和な社会とはどんな社会なのか。 おしたようこ「布団星人がゆく35」『風通信 2019年9月号』より転載。

【随時更新】ご紹介いただいたメディア

  • POST
このページでは、「天の魚」大阪公演をご紹介いただいた各種メディアの一覧を掲載します。 FacebookやTwitterなどのSNSは除外させていただきます。 随時更新。漏れだらけです!お気づきのさいは下記の連絡先までご連絡いただけると幸いです。 WEBメディア Daily Fringe Guide Osaka 演劇・ミュージカル | シアターリーグBBS一人芝居「天の魚」大阪公演 11月17日(日) 石牟礼道子『苦海浄土 わが水俣病』原作 演劇365ドットコム | 演劇を創る人と観る人をつなぐ演劇ポータルサイト 「天の魚」大阪公演 みんなの公演情報|クラシックコンサート・オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇・演芸 昼の部と夜の部 大阪スケジュール | 大阪のイベント情報サイト 11/17(日) 一人芝居「天の魚」大阪公演 | 大阪スケジュール ほか、掲載依頼中。 紙媒体 風を起こす女の会「風通信」 東京・水俣病を告発する会「季刊・水俣支援」 LIP編集局「枚方市民発地域密着型情報誌LIP」 情報募集中 置きチラシ 大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター) 一般財団法人水俣病センター 相思社 大阪市立 西成区民センター 京都大学吉田寮 Library Think KARAIMO BOOKS カライモブックス みつづみ書房 風文庫 まめすず 大阪アグリバイオ株式会社 認定NPO法人 大東市青少年協会青少年ルーム・野外活動センター 大東市北条青少年教育センター 大東市歴史民俗資料館 大東市立図書館 エル・ライブラリー 大阪産業労働資料館 ウェルおおさか 大阪市社会福祉研修・情報センター リバティおおさか 大阪人権博物館 すみません、まだまだります!確認し次第、追加していきます。 お問い合わせ メールフォーム メールアドレス kansai.

9月29日に箕面でお話させてもらいます

  • POST
8月25日に哲学ブックトーク#1というイベントで、仮チラシを配らせてもらったのですが、そこでできたご縁から、9月29日に箕面の小さな個人図書館Library Thinkさんで、企画者の一人として今関がお話をさせてもらいます。 患者、被害者、支援者、演劇人でもないのに今、なぜ、大阪で「天の魚(いを)」公演を企画しているのか。それを通して何を考えていきたいのか。集まっていただいた皆さんと一緒に、何かを考える場になったらと思います。 石牟礼道子氏の「苦海浄土 わが水俣病」の一節を舞台化した一人芝居「天の魚(いを)」が11月17日大阪中央区のドーンセンターにおいて開催される。関西での公演は約30年ぶりということです。 この公演に向けて、今回の大阪公演企画者の一人である今関惇氏を迎え、9月29日(日)午後3時より当ライブラリーで、今なぜ「天の魚(いを)」公演を企画したのか、また今観ることの意味についてトークの会を開催します。 当日フリー参加で行います。予約も必要ありませんので「天の魚(いを)」に少しでも興味がある方はお気軽にご参加ください。 お問い合わせは 090-3949-8556またはperfectcircle6422@gmail.com までお願いします。 告知ページ お問い合わせ メールフォーム メールアドレス kansai.tennoiwo@gmail.com 電話番号 070-5046-0549(今関)

「天の魚」関西企画のウェブサイトを開設しました

  • POST
ひとり芝居「天の魚」を関西で観たい! 石牟礼道子「苦界浄土」を原作に砂田明氏が93年に他界するまで全国で556回公演してまわった一人芝居天の魚を支えてきた俳優の川島宏知が復活させました。 関西では約30年ぶりの公演となります。 水俣病に侵された人たちは水俣病患者、水俣病被害者、水俣病未認定患者である前に、ひとりのひとであり、また家族の一員であり、ひととひととのつながりがあったのです。 水俣病患者として老爺と子どもを見るのか。 それとも、ただの祖父と孫として見るのか。 公演に合わせて、重度複合障害をもつ娘さんの誕生をきっかけに水俣病運動や障害者運動との関わりを重ねてきた最首悟さんと、関西在住の若い水俣病被害者であるおしたようこさんに、「天の魚」の世界と、未だに終わらない/広がりすらある水俣病についての対談の場を設けます。 会場にいる方とともに水俣病について何か思い、考え、感じる場としていきたい。 おひとりでも多くの方のご参加をお待ちしています。 公演概要 場所:大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター) 〒540-0008 大阪市中央区大手前1丁目3番49号 日時:2019年11月17日(日) 午後の回:14:00 特別対談:16:00 夕方の回:18:00 料金:各回入れ替え。特別対談は午後の回ご観覧の方も夕方の回ご観覧の方も入場いただけます。 前売券:2000円。 当日券:2500円。 事情割:1000円。